垂見健吾写真展「ウナイの島 〜琉球女性たちのチカラ〜」

垂見健吾写真展「ウナイの島 〜琉球女性たちのチカラ〜」2011.3.2〜4.4

日時

2011年3月2日(水)〜4月4日(月)
11:30〜22:00/入場無料

内容

◎JTA機内誌『Coralway』でもおなじみの南方写真師・垂見健吾さんが二十余年にわたって撮影した、沖縄の島々に暮らす女性たちの姿を捉えた写真のパネル展です。
◎数々の女性のポートレイトや、女たちのいる島の風景から、琉球女性の力強さ、元気さ、優しさ、美しさが伝わります。
◎沖縄の島々は、古代からの母系社会の名残を今も随所に留めています。また「オナリ神信仰」と呼ばれる、男兄弟の安全をその女姉妹の霊力(セジ)が守護するとの、民俗学的に興味深い習俗でも知られています。琉球王国の時代には、女性たちの祭祀によって国事が運営されていました。今も各地の聖地を守り、地域の祭事や家庭の行事を執り行うのは女性たちです。
◎このような歴史的、民族的背景もあるからでしょうか。この沖縄では、オバアからワラビンチャーまで、女性たちの元気の良さ、力強さが日本でも群を抜きます。日本一出生率が高く、かつ日本一離婚率も高い沖縄。ここでは女性たちのチカラが、島を支えているのかもしれません。
◎3月は、島に生命力が甦る「うりずん」の季節。そして新暦の雛祭りから旧暦3月3日「浜下り(ハマウリ)」に至る「女性たちの月」。生命の再生を担う女性のチカラについて、想いを巡らせてみたい一ヶ月です。
◎垂見さんの著書やグッズ、垂見さんと親しい女性クリエイターたちの作品や商品も販売します。

作家在廊予定日

3月2日、4日、13日、20日/各13時〜18時
※都合により在廊日は変更になる場合があります。詳しくは会場までお問い合せください。

写真モデル募集

◎会期中、以下のテーマによる垂見健吾さんの写真撮影のためのモデル(一般の方々)を募集します。
◎垂見健吾さんの在廊時(下記)にご来場いただけるかたは、その場で撮影します。
◆テーマ1:「ウナイの島」 本写真展と同じテーマによるものです。
◆テーマ2:「新琉球人の肖像」 今秋開催の「世界のウチナーンチュ大会」で展示予定の写真です。琉球人の血の入った日本人、外国人の方々を撮影します。
※モデルといっても、もちろんモデル業である必要はなく、一般のかたがたで大丈夫です。
※写真作品の著作権は、垂見健吾さんにあります。肖像権に関しまして、垂見健吾さんの使用に限り、無料で許諾いただける方を撮影させていただきます。ご了承下さい。
※費用などは一切不要です。撮影した写真の簡易プリントを差し上げます。

プロフィール

垂見健吾(たるみけんご) http://www.taruken.com

写真師。1948年、長野県生まれ。桑沢デザイン研究所で学んだ後、写真家・山田脩二氏に師事。文藝春秋写真部を経てフリーランスに。那覇市在住。沖縄、日本、世界各地を舞台に写真撮影の旅を続けている。共著に『沖縄いろいろ事典』(編・ナイチャーズ/新潮社)、『波のむこうのかくれ島』(文・椎名誠/新潮文庫)
『神々の食』(文・池澤夏樹/文春文庫)、『風に聞いた話〜竜宮の記憶〜』(文・三枝克之/角川書店)
『ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし』(文・辺銀愛理/マガジンハウス)など多数。
『琉球布紀行』(新潮文庫)、『なんくるなく、ない』(著・よしもとばなな/新潮文庫)等でも写真担当。

会場・お問い合わせ

カフェユニゾン
〒901-2201
沖縄県宜野湾市新城2-39-8 MIX life-style 2F
TEL:098-896-1060
E-mail:info@cafe-unizon.jp
http://www.cafe-unizon.jp

・click for the flyer

フライヤー

写真