作曲家デビュー50周年記念「普久原恒勇展 〜歌い継がれるウタ〜」

作曲家デビュー50周年記念「普久原恒勇展 〜歌い継がれるウタ〜」2011.9.7〜9.28

日時

2011年9月7日(水)〜9月28日(水) 11:30〜22:00/入場無料

内容

沖縄音楽界・戦後最大の作曲家&プロデューサー、普久原恒勇。
名曲「芭蕉布」から最新ヒット「森のふくろう」まで作品数は400 曲以上。彼が作曲家として処女作「月眺み」を発表してから今年2011年は、50周年に当たります。これを記念してカフェユニゾンでは、普久原自身が撮影した写真をはじめ、直筆楽譜などの貴重な資料によって、その功績をふり返る展示会を開催します。

◎写真を撮る人として

「音楽家よりも写真家になりたかった」と言うほど、写真への思いは強く、若い頃はカメラマンとして働こうとしていたほど。粟国島で自然や風土の美しさに開眼してからは、沖縄の地のシンプルで力強い美に惹かれ、シャッターを押し続けてきました。本展ではそんな普久原の写真を展示します。じつはマルフクレコードのジャケットに使われた写真も多数あります。

◎作曲家として

沖縄の音楽の根っこや、文化や風土の本来あるべき姿を失うことなく、音楽家として世界へ通じる普遍的作品や、前衛的作品も作り続けてきた普久原。本展では、沖縄の国歌と言われる「芭蕉布」や貴重な器楽曲などの直筆の譜面、発売時のレコードなど、作曲家としての仕事にまつわる貴重な資料を展示します。

◎マルフクレコード・プロデューサーとして

普久原の養父で、沖縄民謡の父と言われる普久原朝喜。その朝喜が戦前大阪に設立し、恒勇が戦後沖縄に拠点を移したマルフクレコード。この沖縄最初のインディーズレーベルからは、沖縄民謡、沖縄ポップスの名曲が数多く生まれました。普久原がプロデュースした嘉手苅林昌、喜納昌永、フォーシスターズ、ホップトーンズなどのミュージシャンとの交流をはじめ、マルフクレコードの歴史を語る貴重な写真も展示します。

作曲家デビュー50周年記念トリビュート・アルバム 「普久原メロディー」

普久原メロディーを聴いて育ち、彼をリスペクトする沖縄のポップス界を代表するミュージシャンが、レーベルやジャンルの壁を越えて大集結。ソウル、ロック、ボサノバ、レゲエ、ジャズ、ファンク、テクノなど様々なジャンルからのアプローチで、普久原作品の数々をカバー。名曲に新鮮な息吹を吹き込み、アレンジされてもなお色褪せる事のない美しいメロディーが浮かび上がるコンピレーションCDとなっています!
17 曲/予価:2,800 円/ 10 月中旬UNIZON for Tune より発売/普久原恒勇展会場にて予約受付
※ 今秋 NHK総合(沖縄県域)にて「普久原メロディー」特集を放送予定!

プロフィール

普久原恒勇(ふくはらつねを)

1932年 大阪・西淀川に生まれる。59 年以降、現在までコザで活動。現在79 歳。沖縄の国歌とも言われる『芭蕉布』をはじめ、数多くの新民謡やポップソングを生んだ沖縄音楽最大の作曲家でレコーディング・プロデューサー。沖縄民謡の父・普久原朝喜を養父に持ち、インディー・レーベルの先駆け「マルフク・レーベル」にて60 年代以降、数々の楽曲を制作。「芭蕉布」や「ゆうなの花」など、普久原メロディーとも呼ばれるその美しい楽曲群は、沖縄県人はもちろん、日本中の多くの人に愛され歌い継がれている、もはや沖縄音楽のスタンダード。

企画協力:普久原音楽事務所/マルフクレコード

お問い合わせ

カフェユニゾン
〒901-2201
沖縄県宜野湾市新城2-39-8 MIX life-style 2F
TEL:098-896-1060
E-mail:info@cafe-unizon.jp
http://www.cafe-unizon.jp

・click for the flyer