ぬちぐすいカフェ

ぬちぐすいカフェ 2011.7.6〜8.1

日時

2011年7月6日(水)〜8月1日(月)
入場無料/11:30〜22:00

内容

「命薬(ぬちぐすい)」とは、沖縄言葉で「1:とてもおいしいもの。2:見たり聞いたりした時にとても楽しいもの。」を言います。つまりは、「生命の源」、「元気の源」になって、「生きる喜び」を感じさせてくれるようなもののことです。
7月のカフェユニゾンは、そんな「ぬちぐすい」という言葉にこだわって、スタッフがセレクトした商品や期間限定メニューをご用意しました。「カラダに効くもの」「ココロを軽くするもの」「アタマが晴れ晴れするもの」を展示コーナーやカフェメニューにそろえ、たくさんのご来店をお待ちしています。
猛暑に夏バテぎみな季節、また、世相的にも気分が沈みがちなこのご時勢ですが、カフェユニゾンの「ぬちぐすい」で、少しでもみなさまに「元気の素」をお届けできれば!と願っています。

ブックコーナー

雑誌『BRUTUS』(マガジンハウス)で、「スタイルのある全国の本屋200店」の一つに紹介されるほど、こだわりをもったカフェユニゾンのブックコーナー。
今回の『ぬちぐすいカフェ』では、いつもの小さなブックコーナーを拡大して、カラダを健やかにするためのライフスタイルブックや、ココロを癒して元気にしてくれるビジュアルブック、食卓が幸せになる料理本をたくさんご紹介します。最新刊もたくさん入荷予定。

ユニゾン・オリジナル商品コーナー

大人気の「極糖クグロフ」や「ヤギミルクサブレ」を製造販売するスイーツ工房<アトリエユニゾン>からは、会期中限定のスイーツや食材が登場します。
夏の疲れたカラダにおすすめなのが、パッションフルーツを使い、食材本来の酸味と甘みを引き出して作る、フランスの伝統菓子のコンフィズリー(糖菓)。
また、万病の薬として知られるフーチバー(沖縄県産よもぎ)を使った加工食材、「フーチバーペースト」も初お目見えします。

食材コーナー

天然の菌で発酵させた味噌をはじめ、自然栽培によって育てられた食材から作る加工食品の数々を<ナチュラルハーモニー>からお届けします。沖縄ではカフェユニゾンだけが取り扱っいる、体に本当に優しい食品です。
愛媛の<忽那醸造>からは、カフェの料理にも使用している、完全無添加醤油や酢など、夏にぴったりな食材が登場します。
<LLMP>からは、砂糖を一切使用せずに非加熱処理によって作られた、カカオの栄養と効能がぎゅっと詰まったオーガニック・ローチョコレートが新登場。一度食べたらとりこになる、これぞ本物のチョコレート!

期間限定のカフェメニュー

●ヌガーグラッセ パッションソース添え
柔らかで口溶けの軽い生地に、ナッツがたっぷり入った冷たいデザートです。少し甘めのヌガーグラッセに、酸味のパッションフルーツソースが絡んで、さっぱりした後味に。
●イチゴのミントティーソーダ
ミントの香りとイチゴの甘さのハーモニーによる、すっきりとした夏らしいティーソーダ。お好みでシロップを足すと、イチゴの甘さがより際立ちます。
●マンゴーココナッツミルク
ココナッツミルクとマンゴーをミックスした、トロピカルなドリンク。コクのある甘さは、夏バテぎみのカラダを癒してくれます。

お問い合わせ

カフェユニゾン
〒901-2201
沖縄県宜野湾市新城2-39-8 MIX life-style 2F
TEL:098-896-1060
E-mail:info@cafe-unizon.jp
http://www.cafe-unizon.jp