Guitarra y Cebada

Guitarra y Cebada (ギターラ イ セバダ)

日時

2012 年12 月5 日(水)〜2013 年1 月7 日(月)
※2012 年12 月31 日(月)〜2013 年1 月3 日(木)はお休みをいただきます。ご了承ください。
11:30-22:00/入場無料

内容

音楽家/アルベルト城間と器人(うつわびと)/仲間功が出会い、ジャンルを超えたコラボレーション!
展覧会のタイトル「Guittara y Cebada」とは、スペイン語で「ギターと大麦」。
アルベルトさんのペインティング作品の多くは、ギターがモチーフ。仲間さんが造形し、
アルベルトさんが絵付けをした陶器も、ギターや音符が描かれています。
麦香る大地に響き渡る楽しいギターの音色が聞こえてくるような展覧会です。

二人のコラボ陶器のほか、仲間さんの大皿をはじめとする器や、アルベルトさんの
今年の「沖展」の入賞作品「謝恩」を含むペインティング作品も展示。

★ 展覧会初日(12/5)にはオープニング・パーティーも開催いたします。
◎お二人の展覧会に寄せたコメント動画公開中!→ http://youtu.be/DVFmaqQNV1A

プロフィール
urara

 

 

 

 

 

アルベルト城間(アルベルト しろま) http://www.diamantes.jp/

ペルー生まれの日系三世。中南米歌謡コンテスト優勝をきっかけに87年来日。
91年にラテン・ロック・バンド「DIAMANTES(ディアマンテス)」を結成。
93年にメジャーデビュー。数々のヒット曲を生み出し、沖縄を拠点に全国各地で
ライブ・コンサートを展開。
2011年には、DIAMANTES 結成20周年を記念したアルバム『CONTIGO』をリリース。
2012年7月には、オリオンビール「麦職人」のCMソングとして書き下ろされ話題になった
「Cebada」を収録した両A 面シングル「Cebada,Amigo」を沖縄限定で発売。
また、今年の「沖展」グラフィック部門にて「謝恩」が初出品で入選するなど、
音楽以外でも積極的にアート活動を開始。

仲間 功(なかま いさお) http://utsuwabito.com/profile.html/

1972年生まれ。沖縄県読谷村出身。高校2年の時、学校に「陶芸部」を作り、部長に就任。
卒業後は読谷村在住の陶芸家でペルー3世の糸数ホルヘ氏の元で5年間の修行を積む。
その後、陶芸家・山田真萬氏の元で腕を磨く。2001年独立。2002年9月、
第24回現代沖縄陶芸展・自由作品の部、県知事賞(金賞)受賞。
21歳での受賞に続く2度目の受賞となる。

会場・お問い合わせ

カフェユニゾン
〒901-2201
沖縄県宜野湾市新城2-39-8 MIX life-style 2F
TEL:098-896-1060
E-mail:info@cafe-unizon.jp
http://www.cafe-unizon.jp

・click for the flyer

flyer_sousou